Active categories (トップ表示)

この辺の記事の更新が多いはず
鋼の錬金術師を密かに熱く  / 東のエデンの応援者たれ
VOCALOID之話  / 逆転裁判に捧ぐ記

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.07.15

「銀の匙 Silver Spoon」アニメ化

「銀の匙 Silver Spoon」、アニメ化!
と聞いた時は「ああこんな連載途中に・・・急いだなサンデー」という気持ちしかありませんでしたが、「ノイタミナでアニメ化!」と言われると「やったぜ!」という気になるのがさすがノイタミナブランド。
しかし銀の匙アニメ化権をゲットした瞬間、再放送しかやらなくなったのはなぜなんだぜノイタミナ。
しかもアニメ放送前から銀の匙2期の発表とは。急いでないかノイタミナ。

そんな突っ込みはともかくとして、無事アニメはスタート。
ノイタミナ半年で唯一の新作という看板だけではなく、声優の内海賢二さんの遺作という肩書きも背負い、さらに現代の酪農の実態を伝えるという使命も背負い・・・お、おもい!重いな!!

という割にフツーのアニメでした。

そもそも銀の匙自体が学園漫画に酪農をプラスしたものなので、確かに最初を読んでみたら何がそんなにというような地味な漫画なんですが、これが最新刊の8巻にもなると読んでいて涙も吹き出るし、小学館漫画賞やマンガ大賞2012は獲るし、1000万部売れるしで、何がどうなってそうなったのかの過程がきちんとアニメで描けてればまずアニメ史には残るとは思います。

だって酪農してるんですよ!?
畜産業に真正面から踏み込むアニメなんて古今東西そう無いですよ!?
動物がいっぱい出てきて一見ほほえましいように見せかけて全部食うという直球展開ですよ!?

原作者の荒川弘さんは、あたかも普通の学園漫画を描くがごとくすべてをさらっと描いてますが、根本的には「生きていくとはどういうことか」ということが問い直し問い直しされて詰まっているので、アニメになって見る人が増えるだけでじゅうぶんに価値があることと思います。


でも本当に駄作って存在するので、なんとなく一話を見て一抹の不安を感じてもいるのですが、それはまあ強いて良くもなく悪くもなかったからなんだよな・・・が、がんばって・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.11.19

『銀河英雄伝説@TAKARAZUKA』よ永遠なれ

スペース・ファンタジー『銀河英雄伝説@TAKARAZUKA』。

12011g_1

英文表記の「LEGEND OF THE GALACTIC HEROS @TAKARAZUKA」で華麗さ倍増!
1211g_2

ゲーム「逆転裁判」の見事な舞台化が記憶に新しい宝塚が、満を持して、「銀河英雄伝説」の舞台化に名乗りをあげたのであった。銀河の歴史が、また1ページ…(お約束)。
ところで私は銀英伝も好きですがミュージカルも宝塚も好きで、さらに宝塚逆転裁判も好きなので、今回の公演に関しては企画段階から賞賛を惜しまぬ方向であります。
ちなみに昔、OSK版のアップフェルラント物語というのもありましてな・・・それはさておき。


東京宝塚劇場の前の正統ヅカファンの人をかき分けつつ会場に入ると、私のまわりは一般売り出し席だけあって、宝塚初心者の方々の場慣れしない息づかいに満ちておりました。

しかし幕が上がると、「宝塚」という空気に観客を巻き込むべく、華麗さに一点の曇りもない人々が輝かしく現れ、まず…歴史の教科書的説明

そう、銀英伝というのは、銀河に勢力を拡大した人類が宇宙に進出し、銀河連邦を成立させるが独裁者ルドルフの台頭により銀河帝国へと変貌し、そののちに独立した自由惑星同盟と長らく対立関係にあるなかで双方の中心に立つフェザーン自治領が加わり三つの勢力が・・・
ってその説明長いわ!

さらに銀河帝国は現在、ラインハルトという若き英雄を得ており、彼は表向きは自由惑星同盟と戦っているが実際は姉を後宮にとられた憎しみから銀河帝国の打倒を企んでおり、なんやかんやでトータルとしては宇宙を手に入れることを目標としているわけで・・・
解りにくいわ!!

というこの辺の説明を、口上と、歌と、スクリーンの図示により開始10分で観客に叩き込もうとするシナリオ。この状態にさらに自由惑星同盟のヤン・ウェンリーが絡んでくるので、原作を知ってても目まぐるしいことこの上ない。

確かに銀英伝は1400年をまたぐスペースオペラなので、本当はそういうとこはすごく大切。
しかし、幕間の休憩時間に私の前後にいらっしゃった非銀英ファンのヅカファンの方々の感想をまとめてみますと
事例1
「なんだか話は全然わからないわね~」
「後半はもっとスピードアップするから、もっともっとわからなくなるわよ~」
事例2
「あんなスクリーンに相関図まで出してねえ・・・説明ばっかりねえ」
「次は○○さんと来る予定なんだけどねえ」
「○○さんには絶対わからないわねえ」
(しかし、シナリオ以上に重視するものがあるらしいヅカファンの方々からは「解りにくいから失敗作」という空気は微塵も感じられなかったのが印象的でした)



そんな避けがたい難解さを除くと、この舞台化の素晴らしいところは、原作の固定化されたイメージを一度捨てて宝塚らしくなるように要素を選び磨いているところだと思います。例えば自由惑星同盟においては、トリューニヒトが最も格好いい。

特に白眉である点として、オーベルシュタインが美形。頭が切れて謀略が得意、残酷さも厭わないがそれはラインハルトに対する忠義心によるものである・・・と書くと別に原作と変わらないですが、美形

オーベルシュタインが美形だと何が起こるかというと、幼なじみで腹心であるキルヒアイスと、新参者だがラインハルトの心を揺さぶるオーベルシュタインの間で、正三角形に近い三角関係が成立するわけです。

そしてラインハルトが苦しみながら歌い上げる今回の舞台の代表曲「私の中の天使と悪魔」
「天使(キルヒアイス)は私に厳しく、悪魔(オーベルシュタイン)が甘く微笑むのか・・・天使が私を癒し、悪魔が脅し苛むのか・・・」
二股カミングアウトですよ!何この展開!

そもそも銀英伝は男性キャラの園ですけど、原作者の田中芳樹先生がホモ系二次創作は嫌いだと早い時期に明言したこともあり、やおいとかBLとか腐に相当する文化は大きくは育たなかったのです。
それでもあえて言及するなら帝国だとロイ(以下自重)・・・それはともかく、それが今になってコレですよ。しかも二股の勝者がオーベルシュタインですよ。

そこにさらに、原作から正統に引き継ぐ、ラインハルトがややシスコン気味に愛する姉アンネローゼと、親友というには過剰に思い入れのある親友キルヒアイスとの、隠れた相思相愛の為せる三角関係も色濃く描かれる。

これでは主役ラインハルトが両方の三角において辛い立場である上、公式が否定する男×男関係まで出来てしまう!しかし、そこは宝塚。男役トップが演じる主役は必ず華麗な姿で幕を引く。そして彼には必ず、娘役トップと愛を育むという展開が待っている。

というわけで、ストーリーの本筋としてはラインハルトとヒルダに芽生え始める恋が、鮮やかに光を浴びて演じられるのであった。

こんな完璧な人間関係で構成された銀英伝、見たことないよ!



正直・・・同盟いらないよね!
私は実は一途に同盟ファンで、ヤンを人生の師と崇める勢いであり、さらに今回の同盟キャラの描かれ方にもなにひとつ文句はないのですが、このシナリオの主軸からみると、同盟は割愛してもいいのではないか。シナリオ作者の方は、既存のイメージから出ようとする一方で、原作への尊重は切り捨てられなかった感が強く・・・。
同盟だけでなく、筋肉バカのオフレッサーなんて、確かに歴史上は格別に重要だけど、宝塚にはいらないでしょ!

観客は女性なんだから、歴史部分はフワっとさせてれば良いと思うのです。銀河帝国が長年戦っている敵国F?と何だかんだ?やってたらラインハルトが昇進!みたいな感じでいいんですよ。具体的に言うと、原作と舞台の関係が新撰組における史実と創作、くらいの関係でいいんですよ!

見終わって思い返せば、輝く軍服を着たラインハルト率いる軍勢の華やかさ、貴族社会の退廃的な美しさ、ヴェスターラントの民の群舞など、瞼の裏の残像に光の輝きが残るほど美しい舞台でした。これはぜひ、もう一度練り直して再演していただきたいものです。
同盟は・・・同盟も、本当にいいんですけど・・・同盟は華やかじゃないのがいいところ、という原点を宝塚で生かせるかどうかは、再考の余地ありかと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.03.23

「3月のライオン」7巻

3月のライオンは始まった時点で「取り戻していく物語」という紹介がつけられていて、主人公が棋士の少年というところから、漠然とハチクロのような自分探し、兼、芸の求道の物語になるのだろうと思っていました。

それが、6巻7巻まで来たところで扱ってるテーマが、いじめ問題ですよ。

いじめ。
それはとてもデリケートで難しく一概に語れず双方の善悪もつけ難く、責めると傷つき励ますと落ち込み手を差し伸べると払われ何もしないと取り返しがつかないような!
あまりに複雑で繊細ゆえに、個々に思うところはあれど口に出して語ることすら昨今でははばかられるような!
恐ろしく深刻な社会的問題ですよ。

そしていじめを題材にしたフィクションは大抵、いかにそのいじめが酷いかを執拗に描写するため読んでいても吐き気がもよおされ、それを取り返すべく後半でいじめた人間が必要以上に罰を受けまくるか、それともいかにも現実らしさを装って被害者以外はまったく何も変わらず現実が続いていくかが多いような。

そんな領域にウミノさんがいきなり正面から踏み込んでいったのには目を疑いました。


結果。
話の上で最も苦しい、ひなちゃんの辛い日々には、主人公をしょって立つ零くんが、時にはピエロになり、時には王子様になって救いに登場。
そして決してうやむやにしないように、最後に何人も大人が現れ、こどもたちの心をひとつひとつ引き取っていく。

連載を読んでいたときは一話ごとに泣けると思っていましたが、ひとつの巻として構成されたあまりに圧倒的な一連の描かれ方に、単行本を読むと戦慄する思いがします。


3月のライオンはウミノさんの呼びかけで、ネットでたくさん感想が投げかけられるのですが、ちょうどひなちゃんと同い年くらいの子の感想だと
「ひなちゃん強い」「先生がいい人で良かった」「いじめっ子が全然反省してない」
みたいな風にこの話を「分かって」いるのが面白い。
ものすごく深い話なんだけど、その部分を分からなくても、ちゃんと話が漫画として「分かって」いる。
そしてきっといつかその子達が大きくなって読んだときに、きっとこの漫画はもっと違う形で「分かる」。

今回の話の一番すごいところは、「お友達をつくる3つのステップ」かもしれない。
最初に動物のお友達をつくる。
次に年が上のお友達をつくる。
最後に年の近い友だちをつくる。

心が傷ついたときには、自分より弱い者を傷つけたくなる。そして年の離れた人は、絶対に自分の気持ちを分かってはくれないと思う。そして自分に近い者の中で自分を解ってくれる人を探しに行く。
でも、自分と同じように未熟で、立っている所がほぼ同じだからこそ細かいところまで比べてしまう年の近い人は、本当はいちばん仲良くなるのは難しい。
弱い動物に優しくして仲良くなれば、自分に自信がつく。年上の人と仲良くなって可愛がってもらえば、他人が怖くなくなる。
確かにそういうステップを踏めばいいのだ。大人になった私はこのステップのあまりの的確さに息を飲む。
どこかで今夜ひとりぼっちの子がこの漫画を読んで、明日には動物のお友達を捜しにいくだろうか。

でもそんな即効性なんてなくていいのだ。
ウミノさんの漫画は、台詞で素晴らしいことをたくさんたくさん語るので、心に残ったことを挙げると、どうしても台詞の話になってしまう。
でもこの漫画では、ウミノさんが執拗に「頼れ、きっと誰かが助けてくれる」と何度も何度もサブリミナルのように語りかけているのを感じる。

そして、助けてくれる相手も完璧ではないのだ。保護者なのに倒れて保健室に行ってしまったり、「教育に「育てる」がなければ放り出すのに」と愚痴ったりする程度の人なのだ。
だから、完璧でなくても、「頼りにされたり」「助けたり」する側に回っても全然構わないのだ。もちろん結果的に「何の役に立てなくても」大丈夫なんだ。「世界は結果だけで回っているんじゃない」んだから。

こんなこと、言葉だけで言われたら、理想論過ぎてきっと受け入れられない。
それでもウミノさんは、水滴が石を穿つように、7巻かけて、読んだ人すべてが腑に落ちるところまでもってきたのだ。
そして、まだ続いていく。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2011.08.15

リアル「東のエデン」 #realEOTE

2010年11月22日(月)、日本各地に、10発のミサイルが落ちた。

それから3ヶ月。森美咲は、ホワイトハウスの前に立つ―――。


2009年4月に開始したアニメ「東のエデン」の時代設定は近未来こと一年半先の日本。
それから全11話のテレビ放送、二本の映画、と時を経るに従い、現実の時間が物語の時間に近づいていく。

そして迎えた現実での2010年11月22日。
ユナイテッドシネマ豊洲で、ファンと観客による「リアル<迂闊な月曜日>イベント」が開催され、これで公式のイベントは事実上最後であることが宣言される。
ちなみにこの模様は公式twitterで詳細に中継され、ブロガーの記事を書くモチベーションを劇的に下げた(余談)。


その三ヶ月後、リアル「東のエデン」を迎えるべく、人々はtwitterに集結したのであった。

といっても主導者が居ないと集うのは難しい。
実際の模様はTogetterのリアル「たった11日間の物語」を見て頂くとよいのですが、この感動的な11日間は、@call_juiz@TakizawaAkiraといったファンが作成したアカウントによって物語どおりの時間軸で進行し、それに呼応した人々が #realEOTE (real eden of the east) のタグで自分達の発言を被せる、という流れによって行われたのでした。

今回は公式抜き。純粋にファンによるファンのためのイベント。
しかしtwitterのリアルタイムのリアル感はものすごく、テレビ最終話にあたる8日目でみんなが揃ってミサイルを撃ち落とした後の感動は例えようもないものがありました。
当日の模様はTogetter『リアル東のエデン「滝沢くんが王様になり、もまえらが直列になった日」』 を御覧下さいませ…ってToggeterで見たら作品通りの展開に何を興奮してるのかこいつらはって感じかもしれないですが!当時はこのレス一つ一つが全部リアルタイムで出てきたのですよ!興奮するでしょ!


そしてさらに時は経過して半年後、咲がニューヨークに降り立つ2011年8月12日。
twitterでは残された3日間を再びリアルタイムで共有すべく、#realEOTE タグに皆が集まったのでした。
(Togetterはこちら

こうやってリアルタイムで見ていると、大杉君が咲ちゃんを滝沢くんに奪われ涙したのはちょうどバレンタイン前後だったんだなーとか、記憶を無くした飯沼朗こと滝沢くんが再び日本に降り立ったのは、お盆の真ん中かつコミケ最終日だったんだなーとか、なかなか面白いものがあります。


しかし、最初の8日間から次の3日間までの間に、ご存じのように現実では東日本大震災が発生。

「この国の”空気”に戦いを挑んだひとりの男の子と、彼を見守った女の子のたった11日間の物語。」と銘打った東のエデンの「この国の”空気”」は、だいぶと変わったものになりました。

ミサイルは落ちなかったけれど、国全体は大混乱に。
さらにそんな日本国より、咲がコインを投げにいった「世界の中心」の方が混迷して円が高くなる始末。
全国民の携帯に1円が振り込まれることはなかったけれど、ソフトバンクの孫社長が一人で100億円を義援金に寄付したり。
綿密に設計されたアニメのストーリーより、現実の方が笑ってしまうほど荒唐無稽なのでした。

そんな中、現実の時間にリアルタイムで物語の時間を重ねながら疑似体験していく。
最後の11日目である8月15日早朝、滝沢くんのジュイスへの最後の申請をtwitterで見るのは、まさにフィクションがフィクションとして完全に完成する様を見るようでした。
ほんの少し先の日本には、もしかしたら本当にこんなことが起こるかも、という期待を感じさせながら綴られた「東のエデン」。
それは今日を境に、有り得なかった現実を描く夢の一つとして残っていく。
でも、これまで様々な人の申請を受け続けてきた@call_juizはもう動かない。
2年前から@call_juizを見てきた私には、物語のジュイスの停止と同じくらい寂しく思われます。そんなちょっと物語とシンクロする現実もありつつ、ファンにとってのいくつめかの幕は閉じられたのでした。

ところで、#realEOTE タグの人々の見解によると、リアル東のエデンはこの11日目が最後ではなく、半年後に便所スリッパを持った男がタクシーに現れるまで終わらない、のだそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.05.13

Xi AVANT(クロッシィ アバン)

Xi(クロッシィ)とは何であるか。
それは(恐らく)docomoが売り出そうとしている次世代の携帯サービスであると思われる。

「Xi AVANT(クロッシィ アバン)」とは何であるか。
それは(多分)Xi の宣伝のために、神山健治監督が作った短編アニメーションのことである。
現在インターネットでは4本が制作されており、公開中の『攻殻機動隊 S.A.C. SOLID STATE SOCIETY 3D』の前座として全編を映画館の3D上映で見ることができる。

この短編の最大の注目は、主役の「篁カオル」。「東のエデン」で最後に明らかになった「セレソンNo.7」と顔も名前も同一の人物であること。
そして、彼が探している男の名は「滝沢」。
これは嫌でも「東のエデン」との関連を考えずにはいられない。
特に、「東のエデン」内で最も顔偏差値が高い部類、さらに神谷浩史という人気声優を起用しているにも関わらず、番外編にしか登場しない篁カオルの出番は、「東のエデン」女性ファンに切望されていたに違いないのである。
というか個人的に切望してました。

しかし。

初期設定にいきなり「恋人・茜」の存在が。

「東のエデン」で萌えグッズの眼鏡を装備したイケメンとして密かに名高い平澤一臣に、さらっと「年上の恋人がいる」という裏設定をつけたしただけでは飽きたらず、篁カオルにまで恋人をつけるとは!
神山監督の創作する近未来にはなぜそんなに夢がないのか!!

しかも、短編でこの設定をどう生かすのか?と思ってたら、冒頭からいきなり職場でがっつりキスをするシーンが挟み込まれておりました。

110513

問題のキスシーン(と胸)

これは・・・Xi携帯を持てば巨乳の彼女ができるという神山監督からのメッセージなのか・・・。
(ただしイケメンの官僚に限る)

しかし、「東のエデン」の篁カオルは職業「詐欺師」であった一方、「Xi AVANT」の篁カオルは「ノンキャリア官僚」と、まったく逆の堅気の職業。
さらに「Xi AVANT」の「謎の少女」の声優は、わざわざ「東のエデン」の森見咲の早見沙織さんを当ててある。
ということは「東のエデン」と同じ世界と言うよりは、むしろパラレルワールドのような扱いなのかな?

映画館で3Dで見ると本当に格好良かったので、ぜひ短編と言わず長編で一つの話に発展してくれればいいのにと思わずにはいられません。
その際は「タスク(携帯の精)とカオルの仲に嫉妬した茜がXi携帯をへし折る」みたいな修羅場エピソードがあるといいですね!(絶対無いよ!)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

«「滝沢朗の迂闊なジュイス落書き風ロールケーキ」ゲット!