2010.08.13

「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」最終回

鋼の錬金術師の原作が終わって、アニメ「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」が終わって、これで締まるかと思いきや「劇場版 鋼の錬金術師」の告知だの、ガンガンに外伝掲載だの、全然終わりそうにない感満々で、ファンとしての感想もどこで締めていいか分からないという感じなんですが。

でもアニメの最終回は良かったです。
ハボックをあえてハッピーエンドに持って行ったのも、二つの最終回の片方にだけそういう道が与えられたのはいいなあと思いました(大佐の目も片方だけで良かった気もしなくもないけど)。


鋼の錬金術師は、私が最初に原作を読んだときはもう第一期のアニメが始まっていて、アニメを見たら速攻でヒューズが死んでショックでしたが、それからもう6年。ここまで共に歩んできた物語が、こうやって終わる瞬間を見届けられて、感慨深いです。

ハガレンはメディアミックスの真骨頂で、アニメだのゲームだの映画だの再アニメ化だの再映画化だの、やれるだけのことをやり尽くして、これ以上絞れるところがないくらいまで様々な物を絞り出した作品に、結果的になったように思います。
ものすごいお金も動いたし、恐ろしい数のファンがついたり離れたり振り回されたりしました。たった一つの漫画で有り得ないほどのお祭り騒ぎが繰り広げられました。

それがこの作品にとって幸せだったのかそうでなかったのか、それは分かりませんが。
遂に祭りは終わりました。これでやっと、原作は原作で、アニメ二つもそれぞれのものとして、落ち着くところに落ち着いたのです。


今から後にハガレンを初めて知る人は、もう原作もアニメ二つも全部見る人なんて、あまりいないでしょう。
原作だけ読んで満足するかもしれない。アニメも片方だけ見て、こういう作品かと納得する人も多いと思います。

どれか一つだけでも、鋼の錬金術師は素晴らしい作品になったと思います。

原作は永く少年漫画の大作として語り継がれていくだろうし、エドとアルが大勢の素晴らしい大人達に出会いながら自分たちの道を切り開いていく物語は、きっとこれからも大勢の人の心を打つでしょう。

水島精二監督のアニメ「鋼の錬金術師」は、途中から原作とはまったく別の物語になったけれど、「鋼の錬金術師」という世界を舞台に脚本の會川昇さんが作り手として背骨を一本通した、アニメとして本当に秀逸な作品でした。

「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」は、アニメ前作では扱いきれなかった原作の大半をもう一度忠実に、そしてそれ以上に魅力的に動かした、まさに模範的な原作のアニメ化だったと思います。

商用に堪え得るあらゆる物の材料となるべき原作を築くことを求められた人。たった一つの材料から複数の物を作ることを求められ、「自分ならどうするか、どうするべきか」を問いかけて作品を作り続けた大勢の人達。
その結果、後世に残ることになった作品全てが、本当に素晴らしい。このすべてが紡がれる様をその場で見ることができたことは、とても幸せでした。胸を張って「鋼の錬金術師」のファンだと言うことができます。


そして一緒にハガレンを応援していた人達。ファンサイトは次々に出来ては閉じられ、そのほとんどの人はどうしているかも分かりません。でも今はコミックスすら買っていないような人でも、きっとみんな、何らかの形でこの作品の最終回を見るでしょう。
そうして、昔の日々の様々なことを思い出すのだったらいいなあと思います。その人達と共有していた思い出は、私の宝物でもあります。この作品によって与えられた、この作品が世にある限り、失われない宝物です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.07.01

鋼の錬金術師最終回(原作)「旅路の果て」

鋼の錬金術師が原作で終わってから、あっという間に一ヶ月ほどが経ってしまって。
ガンガンが品切れになったりして大変だったようですが、私は早起きでコンビニに走ったので難なく手に入れてしまいました。
これで、この分厚い雑誌を買うのも最後か・・・と思うと名残惜しく・・・全然無いですけど・・・。資源の無駄に心を痛める日々からはおさらばデスネ!

100701


原作の最終回は、読んでもなんだか実感が湧かないままぼんやりしてたのですが、先週のアニメがまさに原作最終回の前半、アルの身体を抱えてエドが戻ってくるところだったので、揺さぶられるように感動してしまいました。
遂にこの日を迎えたんだなぁ。

ハガレンはそもそも二人が手足だの体だのを取り戻すための物語で、アニメで一回それが達成されてしまってちょっと満足感を味わってしまったりもしたのですが、本当はこの瞬間のためにここまでの道のりがあったんだよなぁと思うと、走馬燈のように全ての思い出が駆け抜けていくようでした。

ハガレンは、ただ一つの漫画だというだけでなく、もうとてもとても長い間追いかけて来たので、自分の人生と並んで走るひとつの世界のように感じていました。この漫画のおかげでとても多くの素敵な出来事や感情に出会えたし、教えてもらったこと、考えさせられたこともたくさんあったし、もうどうしても自分の人生から切り離すことのできない作品です。

それが、まあだいたいこんな感じに終わってくれるといいなーと思っていたようなハッピーエンドで終わりまして、個人的には大変満足なのであります。ちょっと、やや、「めでたしめでたし」感強めかな!って思ったりもしますが、まーアニメの前作がああいう「ハッピーエンドと言い切るにはひっかかる」風に終わっちゃったからには、原作はこうあるべきだなあと。色々苦しいことあったんだから最後はこれでいいんじゃないかな!少年漫画だし!

いやそれにしてもウィンリィはよいですね・・・。
私はひいきのホークアイ中尉が様々な意味でその後どうなったのかについては非常に関心があるため、その点だけはこの最終回が不完全燃焼なのですが、最終回のヒロインとしての花をウィンリィが100%持って行ったのはとてもとても幸せな気持ちです。


さてそれで今週はついにアニメも最終回。
この一年はアニメと同時進行だったので、アニメが終わっていない今ではイマイチ終わった感も薄いのですが、アニメが終わったら本当に全部が終わってしまうと言うのは今から想像するだけで体が震えるようです。


7月4日17時、あらゆるバーゲンを振り切ってリアルタイムで見届ける決意です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.12.13

ハガレン原作102話を見て皆へこむがいいさ!

ガンガンの鋼の錬金術師がクライマックスに向かって怒濤の勢いで突っ走りまくっており、記念すべき100話で「ホークアイ中尉おおおおおおおい!?」となったのを101話で「荒川せんせー!(号泣)」となったのが先月。

もう今月たるや、どのキャラのファンも号泣してしかるべきという有様。
まさに惨状

だいたい人柱計画を発動させるべく、「真理の向こうを見てる有能な錬金術師集めてこい」→「マスタングまだ見てないじゃん!」→「ちょっと扉の向こう行って来いやオラァ」ってどんだけ力づくなの!?しかもこの方法で扉の向こうに叩き込むなら、ホークアイ中尉の犠牲は必要なかった。気がした。二ヶ月返せ。

一方で、101話の扉絵で鎧のアルと生身のアルが会合しており、「これは!!」と驚喜したのもつかの間。
何なんだ君らは!もっと素直になれよ!むつかしいこと考え過ぎなんだよ~これがエドなら絶対今頃は生身の肉体で蘇ってるのに!そして速攻死んでる!NO!


アルの魂が戻ってくるときに両目から「ガガガガガガガガガ ボッ」という効果音で突っ込んできたのに不覚にも吹いたけど、もう読んだだけで倒れ伏した今回。通行料っていつか払い戻されるのかなー・・・・・。

おまけ漫画の「黄昏の少女」の世界が本編ならよいのになーと薄れゆく意識の中で思いました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.11.24

鋼FA33話「お姉様、登場!」

鋼FA第33話「ブリッグズの北壁」。

遂に・・・遂に来たぜオリヴィエ様が!前振り長すぎでしょ!

と思って見始めたら、前半がっつりスカーVSキンブリー。おおお呼びでないわ-!
どうして原作だとほんのちょっとしかページのないむさくるしい戦いがこんなに長いの!?場面転換にウィンリィのおへそを映してお茶を濁そうとしてもダメよ!

・・・ガーフィールさんとスカーが同時に出ると、イベントの時の三宅健太さんの一人二役を思い出して吹いてしまうのでした。
しかしキンブリー、アニメだといっそう「映える悪役」になってる。鉄パイプささってる姿の演出はちょっとかっこよすぎですよ。


CMの後のアイキャッチにも顔を見せて、後半やっとバッカニアに続きオリヴィエ少将登場。
たなびく金髪と麗しいくちびるが素晴らしいです。圧倒的な美人。原作で最初見たときはホークアイ中尉の強力なライバル登場か?(女性キャラのポジション的な意味で)とも思ったのですが、この人の立ち居振る舞いから台詞まで完成された神々しさにはひれ伏すしかないです。
ブリッグズ要塞も圧巻!
「そのアンテナむしりとるぞ!」のタンカをキレキレに決めまくって以下次回。見足りない!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.11.17

第32話「女装老人」

鋼FA32話「大総統の息子」

グラマン将軍の思い切った女装姿にたいへん長い時間を割いて頂き、ありがとうございました・・・。そもそもグラマン将軍って今までほとんど出てないから、ここまでの出演時間の半分は女装、くらいな勢いじゃないでしょうか。


今回はわざわざこんなサブタイトルをつけるだけあって、大総統の家庭人としての顔と、その一人息子のセリムにものすごく丁寧にスポットをあてる話でした。セリムがまた、やたら愛らしい顔と声を与えられてて、なるほどアニメではそういうことをやりたいのねーと思ったり。

何しろセリムといえば、声優さんの三瓶由布子さんが「セリム・ブラッドレイ役で出演します!!」とブログに書いた時のファンの方々のコメントが
「原作だとあれですよね」
だったことからも分かるようにアレですので、まあ・・・。
(原作では現在も絶賛大活躍中でおられます)

大総統夫人のノロケよかったなぁ・・・やっぱり大総統からプロポーズしたんだろうか。


そしてなぜか一瞬だけ出た大総統に付き従うホークアイ中尉(動揺)。
なんでまたこんなところでこんな演出・・・。


そしてじらしてじらして遂に来週こそ北方編突入!
もうCMでけっこう何度もオリヴィエ少将を見てしまったので、今回のヒキはちょっと滑ってるなーと思わなくもなかったけど、楽しみです。
しかし原作だと久々の再会だったけど、アニメだとファルマン准尉(少尉)って別れたばっかりで早々に出くわすのね。なんだかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.11.09

鋼FA31話「母と祖父」

鋼FA31話「520センズの約束」

今週のホークアイ中尉すごく可愛かった。作画って善し悪しより好きずきがあるなあと思います。キンブリーすら格好良かった。

でも「エリザベスちゃんは他の男に取られてしまいましたよ」なかったぞコラ―!!エドとアルのやりとりも絶妙な感じに削ぎ落とされてましたね!うっかりすごい感動したけど、ちょっと原作開いて「あれ?」てなった。
でも「目的を果たしたその先」を語るところはしみじみといいですよ。やっと身体を取り戻すのが現実味を帯びた瞬間なんだよね。病気やケガも治った後のこと考えられるようになるまでが大変なものだし。


そんなこんなで、今週はロイ・マスタング組解散がメインかと思いきや伏兵のノックス先生に泣かされたりしました。でも「死なないでくださいね」とか本当に原作でも言ってたんだなあと。けっこうちゃんと言うこと言ってるなあと思ったりしました。
520センズのやりとりもね。しかし国家錬金術師が520センズごとき貸し借りするなよ(身も蓋もなく)。


そしてロイの義母ことマダム・クリスマスとホークアイ中尉の祖父ことグラマン中将が同時登場!!
ってあれ?この段階ではマダム・クリスマスの正体って不明なんだっけ?グラマン中将の隠し設定に至っては明らかにされるものか、なかったことにされるものかすら分からない。というかその設定必要なんだろうか。


そして遂に来週は北方司令部がやってくるのかー!と思ったけどサブタイトル「大総統の息子」だった。とりあえず大総統夫人が大総統との出会いをのろけるエピソードがばっさり削除されないことを祈るばかりです。
恋愛結婚なんだぜ!あの二人!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.11.04

鋼FA30話「背中の錬成陣」

鋼の錬金術師パシフィコ横浜のイベントが日曜17時からだったので、まず間違いなくイベントで本編上映があるだろうと思ったら案の定!!

というわけで第30話「イシュヴァール殲滅戦」。ホークアイ中尉の上半身裸と、イシュバール戦の回想と、「大好きなんでしょ、ウィンリィちゃんのこと」と言われてがくがくに動揺するエド、という盆と正月が一緒に来たような 回を、パシフィコ横浜の大画面で見てしまいました。いやー素晴らしいですねイベントって!
しかも素晴らしい追加セリフの数々を、その場で声優さん達が読んでくださいましてですね!

まあイベントに来てない人に申し訳ないので、イベントの件はおいておきますが(おーい)、そう言う訳で今回は本当に本当に思い出深い話になりました。
実際のところ、内容はちょっと駆け足過ぎたかなーと思わなくはなかった。コミックス一巻で一話。過去最速ではないか。5クールもらえると分かってたら、この辺は引き延ばしどころだったのではないのかしら。


「娘が秘伝を授けてくれる」「秘伝は書物ではありません」のくだりがなかったらあの背中も何が何だか・・・と思ったりしたけど、背中を焼いて潰した話は後で出すのかしら?それより少女のリザ・ホークアイをもう少し~出してくれれば~良かったのにな~なーんて。

しかし!アイキャッチ二種と中尉のシャワーシーンだけで相当量の目的は達成した気がします。
イシュバールも見たい見たいと思ってたけど、アニメにするとやはりキツい話だったなぁ。削られたくないエピソードも削られてしまったけど、これくらいで収めておくのがちょうどいい気もする。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

2009.11.01

「鋼の錬金術師Festival’09」参加してみた

「鋼の錬金術師FULLMETAL ALCHEMIST」のDVDを買うと参加できる「鋼の錬金術師Festival’09 in パシフィコ横浜」
抽選で!5000名に!!

Hagane091101

当選がものっすごい厳重に管理されたイベントで、携帯でしか応募できない、応募した携帯でしか参加メールが受け取れない(転送したら失効)、さらにその参加メールの名前と一致する身分証がないと入れない、という徹底ぶりでした。
ハガレンのイベントが人気なのは転売あってこそで、そこまでしたら埋まらないんじゃないの?と思ってたけど、パシフィコ横浜が埋まるだけの人は来てました。さすが。

しかもDVD買うだけで実質無料で参加できるのに、主要声優さんが9人も来た上に、なんと3時間超にも渡るという豪華なイベントでした。声優に丸投げじゃない丁寧な進行表と、司会の南かおりさん(って南かおりさん御本人?)のハガレンをしっかり知ってる司会進行の鮮やかさが秀逸でした。
きっと後日DVDが出る。


というわけで詳細は出るか分からないDVDに丸投げで。
荒川先生が「真理の扉をこじあけてエドが『待ってろ』と言うシーン」を名場面に挙げてたのですが、その後の企画で朴さん(ろみさん)と釘宮さんがこのシーンをその場でアフレコしてくれて、その時のろみさんが本当に本当にすごかったです。
全身を波打たせてあえいだ後、身体をのけぞらせて「アルーーーーーー!」と叫ぶ様は、エドがまさにこの人の中に降臨してるんだなあという感動に打たれました。声の演技って身体でするんですね。

スカーとガ―フィールさんの一人二役を現場でやってくれた三宅健一さんもすごかったですが。
あれ羞恥プレイじゃないですか。大丈夫なの。


名場面の中に、当然というべきかヒューズの死ぬシーンが入っていて、「もうそれ何回見たか・・・」と一瞬思いそうになったのですが、そこでヒューズ役の藤原さんがサプライズ風に登場する!という構成になっていて、おお!頑張った!と思いました。外すわけにはいかないけど、これだけ手垢のついたシーンをどう盛り上げるか、イベント作る人も考えたんだろうなあ。
それを除くとイベントのほとんどは第二期以降のシーンでした。この前作との微妙な距離感を違和感なくやってのけたのは偉い。


イベントの最後に全員がコメントする時、釘宮さんが感極まって泣き出して。それをろみさんが後ろから手を添えてやっていて。ああ、懐かしい風景だなあ、こんな景色がまた見られるとはなあ、としみじみしました。
そこへ一斉に投げかけられる観客の励ましの声援。

「くぎゅううううううううううううううううううううううううううう」

そうだね・・・あれから●年、釘宮さんはすっかり有名になっちゃってね・・・(遠い目)。演技が神がかって上手い人だとは分かっていたけど、釘宮病パンデミックをニコ動で見た時は固まった。まあ釘宮さんだからしょうがないのか。
今後のイベントはもう、今回くらいの規模でもないと釘宮病の方々と席の取り合いをして勝てる自信はないなあ・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.10.26

鋼FA29話「豆サービスシーン」

鋼FA第29話「愚者の足掻き」は、主役のサービスシーン♪ということで原作でも話題騒然のFULL CHIN ALCHEMISTが何の躊躇もなく完璧に、イヤそれ以上に再現されていて素晴らしかったです!!

まだ若いから、脱いでもいやらしくなくていいですネー(棒読み)。
頭のアンテナ立てるところまできっちりやってくれて満足。


しかしウィンリィの腰のラインは異様に色っぽかったのに、せっかくのランファンのハダカ包帯が思ったよりも?色気がなくてがっかりー。胸ないからかなー(腕もないけど・・・)。ランファンは原作よりアニメが数割増しな時がかなりあるのですが、その回のアニメスタッフの意気込みによって左右されてるんでしょうか。

そしてアルは、そんなランファンと可愛いメイちゃんに囲まれて、何のステキイベントも発生しないという体たらく。
まあまだ少年だからネー(棒読み)。


しかし華のあるシーンが多かったせいで、スカー対マルコー対決の画の見苦しさったらなかったです。おっさんおっさんで目のやり場がなかったよ・・・。


「女性との待ち合わせ」「ホークアイ中尉ただいま御手洗いから戻りました!」が省略されなくてほくほくですが、来週は!ついに!!
伝説のシャワーシーンが!!!


・・・なーんとなくだけど、来週の放送ってパシフィコ横浜の例のイベントと被ってたりしないか?と思ったりもするのですが・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.10.22

鋼FA28話「パパ」

先週総集編だった分、鋼FA第28話「おとうさま」はキャラがものすごく動いてました。頑張ってる!

でもお父様、とてつもなく悪役面で悪役声で、悪のホーエンハイムみたいになってるのは、ちょっとどうかなーと思いました。
もうちょっと愛らしい方がよかったな・・・。

しかも今週はエドとアルの感動の再会があったはずなのですが、意外とあっさり~みたいな~。
思ってもいないフラグを拾ってみる時があるかと思えば、注目のフラグをなぎ倒してみたりするあたりのバランスが分からないわ・・・鋼FA・・・。


そしてグラトニーの腹が割けてみたり、そこから出てきたエンヴィーが死に顔をうようよさせていたり、グリードとリンの融合の過程がグロテスクだったりとビジュアル的にきつかったからか、メイちゃんが全ての萌えを小さな肩に担ってました。
金髪王子エドワード・エルリック様との仮想恋愛の日々が、原作以上にパワーアップしていたのがおかしかった。特にちゅう!が!いやーこんなところでエドワード様のチューが見られるとは思いもしませんでした(幻覚だけど)。

でもメイちゃんの理想のお方は、身体が戻ったアルなんじゃないかと、原作読んでるときからずっと思ってます。
むしろメイちゃんとアルがくっつけばいいのに!と念じてます。
スカーとくっつかなければですけど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧